江戸時代に学ぶ

江戸時代に学ぶ

●江戸時代に学ぶ

ブログお読みいただきありがとうございます。クリーナズスタッフ横山です。

江戸時代に学ぶって、そんな時代遅れに何を学ぶんだとお思いでしょうか。結構誇るべきところは多いのです。例えば都市の清潔さなど。幕末に日本にやってきた外国人は日本の町の清潔さ、奇麗さにビックリしています。同じ時期の中国や韓国と比べるとさらに大きな差となっていました。

一番違うのは、リサイクル、リユースの考え方、無駄がありません。例えば都市部の人の糞尿は溜められていて、それを農村部に持っていき肥料として売っていました。紙拾いという職業もあります。紙を拾って歩いて再利用します。鋳掛屋、これは鉄製の鍋などを直す職業。下駄の修理や、桶の修理などあらゆるものの修理屋さんが街中にはありました。着物などは、縫い直せば大きさが変えられるので、仕立て直せば母親の着物を娘に譲るということも容易でした。駄目なら買い替え、いらない物は捨ててしまうという今の時代とは大違いです。

かといってここを勘違いしてしまうといけないのですが、やみくもに物をため込むのは違うということです。江戸時代の住まいを見てみると、驚くほど物が少ないのです。必要最低限の物しかありません。必要なものを、使えるような状態で、リユース・リサイクルしていたのが江戸時代なのです。もったいないからと物をためこむ習慣は戦後の物不足が影響しているのでしょう。

大量生産・大量消費・大量廃棄。昔の日本人に習って、少し考えてみるのもいいのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
部屋片付け・ゴミ屋敷整理のクリーナーズ
フリーダイヤル 0120-469-466 お問い合わせ
─────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12  TEL 06-6774-3333
東京支社 〒107-0062東京都港区南青山6-11-9
VillaSKビル2F  TEL 03-5664-3707
・臭気判定士(臭気測定実務従事者)・産業廃棄物収集運搬業許可
・古物商許可・建築物ねずみこん虫防除業・医療環境管理士(感染予防対策スペシャリスト)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このページのトップへ戻る

無料お見積り・ご相談はこちらから。お電話でのお問い合わせフリーダイヤル0120-469-466 受付時間8:00~19:00