女性

年末のお片付けのご予約はお早めに

クリーナーズの岡本です。
寒い寒い寒い。夏場だと暑い暑い暑いと訴えかけるのはほんとににんげんだなぁと思う今日この頃でございます。それくらい朝晩と昼間の体感温度に差がありすぎではないでしょうか。今年も残すところあと2か月を切り、新しい歳を迎えるためにも心残り【不用品やごみの片づけ】を処理しなければいけません。とはいっても自分一人ではどうする事もできないので私たちのような業者へ頼るのもありだと思います。最近はSNSやブログ等でゴミ屋敷や汚部屋からの脱出的なするまでの過程を描いたブログはひそかな人気になっているようです。わたしも一年以上かけてずっと愛読していたブロガーさんも無事に汚部屋から脱出する事ができ私も感動したものです。たったご自身ひとりでコツコツと分別・廃棄・掃除をされていく過程で、沢山のブログ愛読者のアドバイスや成果があった方法などを実行する事でみるみるうちに汚部屋からお部屋に変わっていく。ブログにアップする事により自分の逃げ道をなくすというとんでもないメンタルの持ち主でしたね。私事では先日最近大阪市内のワンルームマンションでお片付けさせていただいたとある介護関係のお仕事をされている方がいました。お問合せを戴き、すぐにお見積りに伺うと、部屋いっぱいにゴミはあるわけでなく、私の感覚では軽度のゴミ屋敷。なぜならば生ごみはすべてゴミ袋に梱包しており、洋服やペットボトル、紙パックなどが若干そこらへんに散らかっているといった感じでした。ここ数ヶ月のゴミと思われました。作業も約1時間すこしで片付き、床が完全に見えた状態でも雑巾がけをすればさっきまでゴミ屋敷とは誰にもわからないくらいきれいな状態になったのです。依頼者の女性も信頼してくれたのか、作業中から少しづつ身の上事情を話してくれるようになり、こうなってしまった状況が少しづつわかってきました。仕事で不規則な生活リズムになり、ストレスが半端なかったとの事。そりゃそうなりますね。最近までは普通だったのでしょう。私の経験ではゴミ屋敷になる方で女性の多くは働く女性のイメージが強いです。特に就業時間が不規則で肉体的、精神的に重労働とされる看護師や介護関係、夜の水商売のお仕事をされている方たちが、肉体的にすごく疲れて帰宅するのと、対人すなわち濃い接客業のようなものですごくストレスを感じ精神的に疲れてしまうのです。そんななか普段ではきちんとできていたのですが、それがたまりにたまると部屋の片づけをしようとなかなか思えないのではないでしょうか。私の知っている中で数十人の方は転職する事によりゴミ屋敷や汚部屋から立ち直り、過去の事が全く分からないくらい、清潔感のあふれたきれいな部屋で生活されている方が多いです。実際やっぱりそうなんでししょう。人間生きて入ればなにかしらのストレスはつきものだと思います。ほんとに大変だと思います。頑張っているからしょうがないと言いたい気持ちです。それでも綺麗にされている方にはもっと頭があがらないものです。今回のご依頼者の女性は、大きな冷蔵庫と新しい寝具を購入されていました。一度すべてさっぱり断捨離をして新たな自分の生活を創っていくのでしょう。心から応援していきたいと思えた現場の1つでした。
年末にむけて、今年の汚れは今年のうちに。今年中にいらない不用品やごみ屋敷やゴミ部屋の片づけ、そして汚部屋のハウスクリーニングもお任せください。 お問合せ、ご予約スタッフ一同心よりお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
遺品整理・部屋片付け・汚部屋・ゴミ屋敷整理のクリーナーズ
年中無休8:00~19:00
電話番号 0120-469-466 
─────────────────────────────
大阪オフィス 
〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL 06-6774-3333
東京支社 〒107-0062東京都港区南青山6-11-9
VillaSKビル2F  TEL 03-5664-3707
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このページのトップへ戻る

無料お見積り・ご相談はこちらから。お電話でのお問い合わせフリーダイヤル0120-469-466 受付時間8:00~19:00