2017-08

ごみ屋敷とセルフ・ネグレクト

こんにちは。クリーナーズ林田です。
みなさま、暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。こちら大阪でも連日35℃近い日が続き、作業中は滝のように汗が出ますね。ついつい冷たいものを多く採ってしまいます。夏バテに気を付けないといけませんね。
さて、今日はこのところ読んでいる本のご紹介です。岸恵美子先生著『ルポ ゴミ屋敷に棲む人々 ~孤立死を呼ぶ「セルフ・ネグレクト」の実態』(幻冬舎新書)という本です。「セルフ・ネグレクト」という言葉はご存知でしょうか?普段あまり聞き慣れない言葉かもしれません。自己放任とも訳されますが、生活において当然行うべき行為を行わないことから事故の心身の安全や健康が脅かされる状態に陥ること、とあります。つまり、食事や掃除、洗濯、お風呂に入ったり、着替えたり、ごみを捨てたり、部屋を片付けたり、身体の具合が悪いところがあれば病院に行ったり、といったことですね。それをしない、またはできない。それが時々ではなくて、安全や健康が脅かされる状態になるまでずっと続けてしまう。部屋の床が見えないほどコンビニ弁当の容器が山になったり、トイレがつまっても排泄物がそのままの状態であったり。どうしてそうなってしまうのか?著書にはいろんなパターンの事例が書かれていますのでご興味のある方はぜひ読んでみられるとよいと思います。生きているといろんなことがあって、セルフ・ネグレクトの状態になってしまうことがある。一人一人に理由や物語があると思うのですが、共通するのは「孤立」や「孤独」ではないでしょうか。仕事柄、ゴミ屋敷や孤独死の現場に関わることが多いのですが、そうひしひしと感じます。ほんの目の前の家やお隣さんの部屋で人知れずゴミ屋敷や孤独死が起こっています。世間体を気にして他人様に助けを求めて迷惑をかけないようにという文化や、自分だけの領域に他人を入れたくない個人主義というのもあるでしょう。社会情勢や経済状況の影響もあるでしょう。すべてを自己決定や自己責任論では解決できない問題だと思います。いただいたお仕事を通してセルフネグレクトを感じる現場を多く見ることになりますので、少しでもその解決や改善につながるような行動や発信ができたらと思います。
ご自身や周りの方でゴミ屋敷などお困りのことがありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
創業19年
生活整理・生前整理・遺品整理・部屋片付け・汚部屋・ゴミ屋敷整理のエキスパートはクリーナーズ
年中無休8:00~22:00
電話番号 0120-469-466 
─────────────────────────────
大阪オフィス 
〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL 06-6774-3333
東京支社 〒107-0062東京都港区南青山6-11-9
VillaSKビル2F  TEL 03-5664-3707
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このページのトップへ戻る

無料お見積り・ご相談はこちらから。お電話でのお問い合わせフリーダイヤル0120-469-466 受付時間8:00~19:00